最大40%OFF!POWERARQ新年セール会場はこちら

PowerArQの電気毛布がアウトドアユースでオススメな理由

PowerArQの電気毛布がアウトドアユースでオススメな理由

冬のアウトドアのマストアイテムとして、電気毛布を選ばれる方もいらっしゃると思います。PowerArQからも冬のアウトドアライフをより豊かなものにしてもらうために、電気毛布の開発・販売を行っています。

PowerArQ製の電気毛布の特徴として「アウトドアユースに適している」という点を挙げているのですが、なぜPowerArQの電気毛布がアウトドアユースに適しているのか、この記事で改めてご紹介できたらと思います。

目次

4層の本体構造

PowerArQの電気毛布は、マイヤー表皮を含めた4層構造となっております。一般的な電気毛布は3層構造のものが多いため、PowerArQの電気毛布は厚みがあって、しっかりした印象を持つ方も多いです。素材に厚みがあると、本体内部の電熱先を感じにくく、冷えた風を通しづらいというメリットが生まれます。室内とは違い、アウトドアでの使用の場合、冷たい風に晒される場合があるため、風を通しにくいPowerArQの電気毛布は、よりアウトドアユースに適していると言えます。

オールカットパイルの表面生地

PowerArQの電気毛布の表面生地は、立毛させて毛先をそろえたオールカットパイルになっています。このため、引っ掛かりにくく、外部からの摩擦も吸収しやすく、シワや毛玉ができにくいというメリットが生まれます。

 

ポリエステル100%の表面素材

PowerArQの電気毛布の表面素材はポリエステルです。そのため、耐候性があり、虫やカビにも強く、水性や酸性の汚れにも強いです。また、強度もあって水洗いも可能ですので、万が一汚れても繰り返し洗って使用することができます。こういった点からも、PowerArQの電気毛布は、よりアウトドアユースに適していると言えます。

 

あたたかさと消費電力のバランス

PowerArQの電気毛布は厚みがあって、最高温度が他社製に比べて高く設定しているわけではありませんので、手で直接触るとあたたかくなるスピードが少し遅く感じる方もいます。しかし、これはアウトドアユースでの使用を想定しているからこその仕様になります。といいますのも、アウトドアでの使用の場合、ポータブル電源などに接続して使用することもありますが、温度上昇の性能を優先的にすると、消費電力が必要以上に大きくなる可能性があり、さらに冷たい風に晒されると本体温度が下がってしまうので、高い消費電力の状態が継続してしまう恐れがあります。しかし、PowerArQの電気毛布は温度上昇のスピードを緩やかにしており、保温性を優先的にしているため、消費電力量が比較的安定しており、ポータブル電源の容量内で電気を賄いやすい設計になっています。このあたたかさと消費電力のバランスも、PowerArQの電気毛布がアウトドアユースに優れている点のひとつになります。

 

機能性のあるコントローラー

無段階の温度調節、室内センサー、オートオフ機能、ダニ退治といった電気毛布に一般的に備わっている機能も、PowerArQの電気毛布は一通り網羅しています。そのため、キャンプ、車中泊などシーンを選ばずに使用することができるのも特徴となります。

まとめ

今回は、PowerArQの電気毛布がなぜアウトドアユースとして優れているのか、という視点からPowerArQの電気毛布のポイントをまとめてみました。デザイン性に惹かれて購入いただくお客様も多いのですが、機能性の部分でもアウトドアユースに優れているという部分を改めて認識いただけると、ブランド担当者としても嬉しく思います。