ポータブル電源に限り、公式ストア限定!+1年間延長保証!

【2024年最新版】車中泊向けポータブル電源おすすめ人気ランキング10選

【2024年最新版】車中泊向けポータブル電源おすすめ人気ランキング10選
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

車中泊を楽しむために必要なものは、快適な寝床と食事だけではありません。ポータブル電源を持っていることで、車中泊が格段に快適になることをご存知ですか?しかし、どのポータブル電源を選べばいいのか、どれが自分に合っているのか悩むこともありますよね。特に冷房や電気毛布、充電など、使い道によって選ぶ基準も変わってきます。ポータブル電源があれば、夏でも冬でも快適な車中泊が実現できます。しかし、種類が多くて選ぶのが難しいと感じる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、車中泊でのポータブル電源について
  • ポータブル電源とは?
  • 何に役立つのか?
  • どんな人に適しているか?
  • おすすめポイント
  • 欠点
  • 選び方
  • お勧め商品3選
以上のことについて解説していきます。 この記事を読んでいただければ、自分にぴったりのポータブル電源を見つけることができ、より快適で楽しい車中泊を楽しむための知識が得られます。最後に「PowerArQ」編集部が自社商品を中心に各メーカーや人気のポータブル電源のおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。

車中泊に必須級のアイテムであるポータブル電源とは?

車中泊を快適に楽しむためには、適切なアイテムが必要です。その中でも、ポータブル電源は欠かせない存在です。ここでは、ポータブル電源の基本的な知識と活用方法を詳しく解説します。車中泊をより快適に過ごすための準備を始めましょう。

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは、持ち運び可能な電力供給装置のことで、主にアウトドアや災害時の非常用電源として使用されます。内蔵されたバッテリーを使って、電源がない場所でもスマートフォンやタブレット、ノートパソコン、調理器具などの電子機器を使用することができます。ポータブル電源は、家庭用電源や車のシガーソケット、ソーラーパネルなどから充電することができるため、非常に便利です。

別名ポタ電やポータブルバッテリーなどと呼ばれているポータブル電源

ポータブル電源は、別名「ポタ電」や「ポータブルバッテリー」とも呼ばれ、車中泊やキャンプなどのアウトドア活動において非常に便利なアイテムです。これらは、家庭用の電化製品やモバイル機器を電源のない場所でも使用可能にするための持ち運び可能な電力供給装置です。内蔵された大容量のバッテリーにより、一度の充電で長時間にわたって電力を供給できます。近年、バッテリー技術の進化に伴い、さまざまなサイズや容量のポータブル電源が市場に登場しており、その用途も多岐にわたっています。

車中泊を快適に過ごすために必須級のアイテムとなってきている

車中泊は、アウトドア愛好者や旅行好きな人々にとって非常に人気のある活動ですが、快適さを確保するためにはいくつかの課題があります。その中でも、電力の確保は特に重要です。車中泊中に電力を確保するための手段として、ポータブル電源は欠かせないアイテムとなっています。例えば、冷暖房器具の使用や電子機器の充電、調理器具の利用など、さまざまなシーンでポータブル電源が役立ちます。特に、長期間の車中泊寒暖差の激しい場所での車中泊では、快適さを維持するために安定した電力供給が欠かせません。湯沸かし用の電気ポットを使って温かい飲み物を準備することもでき、寒い日でも暖かさを楽しむことができます。ポータブル電源があれば、置き場所を問わずどんなところでも自宅同様の快適さを享受することができます。

車中泊でのポータブル電源の使い道は何に使うの?

ポータブル電源は、車中泊のさまざまなシーンで活躍します。具体的にどのように使えば良いのか、どれくらいの電力が必要なのかを知っておくことが大切です。ここでは、ポータブル電源の具体的な使い道と消費電力の目安について説明します。

それぞれの消費電力の目安もご紹介

ポータブル電源は幅広い場面で活躍しますが、使用する機器によって消費電力は大きく異なります。スマートフォンを充電するなら5Wから15Wほどですが、調理器具や暖冷房機器だと100W以上の電力を必要とする場合も使い道は様々あります。何に使うのか自分の用途に合わせて、適切な容量と出力のポータブル電源を選ぶことが重要です。 主な機器の消費電力の目安については下記の表をご覧ください。
アウトドア
電気毛布 50W サーキュレーター 30W 電気ケトル 700W/1回 60W 小型炊飯器 250W 車載冷蔵庫 60W
防災
スマートフォン 15W タブレット 20W LEDライト 5W 電気カーペット 200W ドライヤー 1000W
その他家電
ポータブルクーラー 100W〜350W程度が一般的 IHクッキングヒーター 1000W-1500W 電子レンジ 1300W-1400W

IHコンロや電子レンジなどの家電を使用する

車中泊でも自炊を楽しみたい人には、IHコンロ電子レンジが大活躍です。IHコンロなら自宅にいる感覚で調理できますし、電子レンジを使えば温かい料理や飲み物をすぐに用意できます。

電気ケトルなどでの湯沸かしに使う

電気ケトルさえあれば、すぐに湯を沸かすことができます。キャンプや車中泊では、ポータブル電源に湯沸かしの電気ケトルをつなげば重宝します。温かい飲み物やインスタント食品を手軽に作れるので便利です。

車内に備え付けのものとは別付けのエアコンへの給電でポタ電を使用する

真夏の車中泊では、ポータブル電源で動く小型エアコンが活躍します。車載のエアコンとは別に、この小型エアコンを使えば、エンジンを切った状態でも車内を快適な温度に保つことができます。長時間の車中泊でも涼しく過ごせます。

扇風機などの夏の冷房に使用する

夏場の車中泊では、扇風機などの冷房器具を使用することで、過ごしやすくなります。扇風機は消費電力が比較的少ないので、ポータブル電源があれば長時間の使用が可能です。暑さを和らげ、快適な睡眠環境を作り出せます。

ヒーターや電気毛布などの冬の暖房で使用する

冬の車中泊では、ヒーター電気毛布を活用して暖かさを確保しましょう。これらの暖房器具は消費電力が高いため、大容量のポータブル電源が必要になります。寒い夜でも、ポータブル電源さえあれば、暖かく過ごせます。

充電するためのスポットを増やす用途でも使用される

ポータブル電源は、スマートフォンやタブレット、カメラといったデバイスの充電にも重宝します。複数の機器を同時に充電できるので、車中泊中でも常にデバイスが使える状態を維持できる点が大きな利点です。

車中泊向けのポータブル電源はどんな人が買うべき

ポータブル電源は、すべての車中泊愛好者にとって必須のアイテムではありません。ここでは、どのような人にポータブル電源が役立つのかを紹介します。自分に必要かどうかの判断材料にしてください。

キャンプでより快適さを求める人

キャンプを楽しむ人々にとって、ポータブル電源は快適さを格段に向上させるアイテムです。キャンプ場では、電源が限られている場合が多いため、ポータブル電源があれば、調理器具や照明、暖房器具などを自由に使うことができます。また、夜間の明かりやスマートフォンの充電もできるため、安心感も高まります。さらに、ポータブル電源があれば電源の心配をせずに、お気に入りの場所でキャンプを楽しめます。キャンプの計画が自由になるのが魅力です。

災害などの緊急時に備えて車に積んでおきたい人

災害時には電力供給が止まることがありますが、ポータブル電源を車に積んでおくことで、緊急時にも安心です。スマートフォンやラジオの充電、照明の確保など、必要最低限の電力は賄えます。また、ポータブル電源は持ち運びができるため、避難所などでも役立ちます。停電が続けばスマートフォンのバッテリーが切れ、情報収集や連絡が困難になりますが、ポータブル電源があればその心配はありません。さらに、ポータブル電源は家庭用の電化製品も使えるため、災害時に役立つ小型の家電製品を活用することも可能です。

車中泊でより快適でお得に過ごしたい人

車中泊を頻繁に行う人にとって、ポータブル電源は必須アイテムです。電子機器を充電したり、冷暖房を使用したりできるため、より快適に過ごすことができます。また、ポータブル電源を活用することで、ホテルなどに宿泊するいらない旅行費用を抑えることができます。夏の暑い日でもエアコンを使用して涼しい車内で快適に過ごせますし、冬の寒い夜でも電気毛布やヒーターを使って暖かく眠ることができます。これにより、旅行中の快適さが大幅に向上し、旅の楽しみが増します。

車中泊向けのポータブル電源をおすすめしたい理由

ポータブル電源がなぜ車中泊において重要なアイテムとされるのか、その理由を理解することで、より良い選択ができます。ここでは、ポータブル電源の魅力や利便性について詳しく解説します。

サイズも比較的コンパクトで置き場所に困らない

ポータブル電源の多くは、持ち運びやすいコンパクトなデザインで設計されています。車中泊やキャンプなどのアウトドア活動においても、スペースを取らずに収納できます。トランクや後部座席に簡単に収まるサイズのポータブル電源が多く、使用時にも置き場所を選ばないのが特徴です。さらに、軽量でありながら耐久性に優れた素材で作られているため、アウトドア環境でも安心して使用できます。

商品によってはソーラーパネルで充電も可能なので車のガソリンがいらない状態でも各アイテムに給電できる

ポータブル電源の多くは、シガーソケットでの充電が可能です。これにより、車のバッテリーを利用して充電できるため、運転中に効率的に電力を補充することができます。シガーソケットでの充電は、長時間のドライブや移動中に非常に便利で、車中泊の際に電力不足の心配を軽減できます。さらに、最近のポータブル電源は、ソーラーパネルでの充電機能を備えたものも多くあります。これにより、車のエンジンをかけないことでガソリンがいらないのでガソリンを消費することなく電力を供給することが可能です。特に長期間の車中泊やキャンプでは、太陽光を利用してポータブル電源を充電することで、燃料消費を抑えながら必要な電力を確保できます。ソーラーパネルを活用することで、環境にも優しく、エネルギーを効率的に利用できます。

スマートフォンの充電場所に困らなくなる

車中泊やキャンプ中にスマートフォンのバッテリー切れを心配する必要がなくなります。ポータブル電源があれば、いつでもスマートフォンやタブレットを充電することができます。これにより、地図や情報の確認、連絡手段の確保など、スマートフォンが必要な状況でも安心でいられます。特に、複数のUSBポートやワイヤレス充電機能を備えたポータブル電源を選ぶことで、複数のデバイスを同時に充電することも可能です。さらに、カメラやポータブルスピーカーなど、他の電子機器も充電できるため、アウトドアでの楽しみが広がります。

車中泊向けのポータブル電源のデメリット

どんなに便利なアイテムにもデメリットは存在します。ポータブル電源も例外ではありません。ここでは、ポータブル電源の欠点や注意点について詳しく説明します。

安い海外製のポータブルバッテリーを選んでしまうとハズレを引いてしまう可能性がある

ポータブル電源は非常に便利なアイテムですが、全てが高品質というわけではありません。特に安い海外製品を選ぶと、品質が劣るものに当たるリスクがあります。これらの製品は、バッテリー容量が表示よりも少なかったり、安全性に問題があることがあります。突然の故障や性能低下、さらには発火の危険性も否定できません。充電中に過熱して発火するというトラブルも報告されています。したがって、信頼性のあるブランドや評価の高い製品を選ぶことが重要です。購入前には、ユーザーレビューや専門家の評価をしっかり確認し、安全性と信頼性を確認することが必要です。

充電をしないと使うことができない

ポータブル電源は、その名の通り持ち運びができる電源ですが、使う前に充電が必要です。これを忘れてしまうと、いざという時に使えないという事態に陥ります。また、充電には時間がかかるため、出発前にしっかり準備しておくことが求められます。車中泊やキャンプに出かける前には、必ずフル充電してから出かけるようにしましょう。頻繁に使用する場合や長期間の旅行では、定期的に充電を確認するようにしてください。予備のバッテリーやソーラーパネルを用意しておくことで、充電切れのリスクを軽減することができます。

実物を見ようとショップで買おうとしてもなかなか見つからない可能性がある

ポータブル電源は、一般的な家電量販店やアウトドアショップで販売されていますが、すべてのモデルが店頭に揃っているわけではありません。特に人気モデルや新製品は品薄になりがちです。そのため、実際に手に取って確認したいと思っても、店舗に在庫がない場合が多いです。この問題を解決するには、オンラインショップを活用するか、事前に店舗に在庫確認をすることが必要です。オンライン購入の場合、レビューや評価を参考にすることで、実物を見ずに購入する際の不安を減らすことができます。また、メーカーの公式サイトや専用の販売サイトを利用することで、最新モデルを手に入れることができます。加えて、ネットショッピングでは比較的詳細なスペックや使用レビューが掲載されているため、実際に使用した人の意見を参考にしながら購入を検討することが可能です。

車中泊向けのポータブル電源の選び方

たくさんのポータブル電源が市場に出回っていますが、どれを選べば良いのか迷うことも多いでしょう。ここでは、自分にぴったりのポータブル電源を選ぶためのポイントを解説します。選び方の基本を押さえて、最適なポータブル電源を見つけましょう。

ACポート、USBポート、TypeCポートなど必要な給電方法が多いものを選ぶ

ポータブル電源を選ぶ際には、給電方法の種類が多いものを選ぶことが重要です。ACポート、USBポート、Type-Cポートなど、さまざまなデバイスに対応できるモデルを選ぶと便利です。これにより、スマートフォンやタブレットだけでなく、ノートパソコンや調理器具など、さまざまな機器を同時に充電・使用することができます。多様なポートを備えていることで、家族や友人と一緒に旅行する際にも、使い勝手が良くなります。さらに、最近のポータブル電源にはワイヤレス給電機能が付いているものもあります。ワイヤレス給電は、ケーブルを使用せずにスマートフォンなどのデバイスを充電できるため、非常に便利です。特にアウトドアの場面では、ケーブルが絡まる心配もなく、デバイスを置くだけで充電できるため、簡単かつ快適に使用できます。

容量と出力の多いものを選ぼう

ポータブル電源を選ぶ際には、容量と出力の多いものを選ぶことも重要です。容量が大きければ、それだけ長時間使用できますし、出力が高ければ、消費電力の高い機器も問題なく動かせます。キャンプや長期の車中泊では、電子レンジやIHコンロなど高出力が必要な機器を使うこともあると思います。用途に合わせて十分な容量と出力を持つモデルを選びましょう。大容量のポータブル電源は、電気毛布やポータブルエアコンなどの電力消費が大きいデバイスも連続して使用できるため、特に快適さを重視する場合に適しています。また、長時間の使用が可能なため、長期の旅行やアウトドア活動でも安心して利用できます。

リン酸鉄リチウムのバッテリーのものを選ぼう

ポータブル電源のバッテリーにはいくつかの種類がありますが、特にリン酸鉄リチウムバッテリーを搭載したものを選ぶと良いでしょう。リン酸鉄リチウムバッテリーは、安全性が高く、寿命も長いため、頻繁に使用する場合や長期間の使用に適しています。また、過充電や過放電にも強く、安定した性能を発揮するため、安心して使用できます。長期的に見ても、コストパフォーマンスの高い選択となります。従来のリチウムイオンバッテリーと比べて、リン酸鉄リチウムバッテリーは発火や爆発のリスクが低く、安全性が高いため、アウトドアでの使用にも適しています。さらに、耐久性があり、長期間の使用でも性能が劣化しにくいのが特徴です。

小型で持ち運びのしやすいものを選ぼう

ポータブル電源はその名の通り、持ち運びができることが重要なポイントです。特に車中泊やキャンプなどのアウトドア活動では、移動が頻繁になるため、小型で持ち運びがしやすいモデルを選ぶことが大切です。軽量でコンパクトなデザインのものを選ぶことで、設置や収納も簡単になり、利便性が向上します。また、取っ手やキャスターが付いているモデルもあり、さらに持ち運びが楽になるため、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

車中泊向けポータブル電源のおすすめ商品3選

車中泊に最適なポータブル電源を選べば、電力供給が確保でき、快適な旅が楽しめます。ここでは、特におすすめのポータブル電源3選をご紹介します。

ランキング1位:PowerArQ S10 Pro ソーラーパネル 120W セット

車中泊やキャンプでの使用に最適なポータブル電源セットです。このセットには、1024Whの大容量バッテリー120Wのソーラーパネルが含まれています。大容量バッテリーは、冷蔵庫や調理器具などの高出力機器にも対応可能です。ソーラーパネルは折りたたみ式で、持ち運びが容易で、太陽光を利用して効率的に充電できます。多様なポートを備えており、ACポート、USBポート、USB-Cポート、さらにワイヤレス給電機能も付いているため、さまざまなデバイスを同時に充電・使用することができます。これにより、アウトドアでの電力供給が容易になり、長期間の使用でも安心です。
商品名 PowerArQ S10 Pro ソーラーパネル 120W セット
価格 175,000円
本体重量 12.5kg
仕様 ソーラーパネル120W 定格容量:1024Wh 電池容量:320,000mAh バッテリータイプ:リン酸鉄リチウム 出力ポート AC:4口 DC/シガーソケット:1口 USB Type-A:2口 USB Type-C:2口 ワイヤレス充電:1口 AC出力:1600W(通常)2400W(最大)
特徴 大容量+高出力、ソーラーパネルもセット 自衛隊をはじめと様々な行政機関でも採用

ランキング2位:PowerArQ S10 Pro ポータブル電源 1024Wh

その大容量バッテリー多機能性が特徴です。1024Whの大容量により、長時間の使用が可能であり、車中泊やキャンプだけでなく、災害時の非常用電源としても活躍します。高出力の1000Wまで対応しており、電子レンジやIHコンロ、電気毛布などの高出力機器も問題なく使用できます。複数のUSBポート、USB-Cポート、ACポートを備えており、多様なデバイスに対応可能です。また、堅牢なデザインでありながら、持ち運びやすさにも配慮された設計となっているため、移動中の使用にも便利です。スマホは目安で58回の充電が可能です。
商品名 PowerArQ S10 Pro ポータブル電源 1024Wh
価格 143,000円
本体重量 12.5kg
仕様 定格容量:1024Wh 電池容量:320,000mAh バッテリータイプ:リン酸鉄リチウム 出力ポート AC:4口 DC/シガーソケット:1口 USB Type-A:2口 USB Type-C:2口 ワイヤレス充電:1口 AC出力:1600W(通常)2400W(最大)
特徴 大容量+高出力、小さいのにパワフル~90%以上の家電を動かす 自衛隊をはじめと様々な行政機関でも採用

ランキング3位:PowerArQ 3 ポータブル電源 555Wh

コンパクトながらも高性能なポータブル電源です。555Whのバッテリー容量は、短期間の車中泊やキャンプに最適で、必要な電力を確保できます。軽量で持ち運びやすく、アウトドアでの使用にぴったりです。多様なポートを備えており、ACポート、USBポート、USB-Cポートに加えて、ワイヤレス給電機能も搭載しています。これにより、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどの充電が簡単に行えます。また、ソーラーパネルでの充電も可能で、太陽光を利用してバッテリーを補充することができます。スマホは目安で31回の充電が可能です。
商品名 PowerArQ 3 ポータブル電源 555Wh
価格 88,000円
本体重量 7.9kg
仕様 定格容量:555Wh 電池容量:150,000mAh バッテリータイプ:リチウムイオン 出力ポート AC:2口 DC/シガーソケット:1口 USB Type-A:2口 USB Type-C:1口 ワイヤレス充電:1口 AC出力:500W(通常)1000W(最大)
特徴 軽くてコンパクト、そして価格もリーズナブル

【2024年最新版】車中泊向けポータブル電源おすすめ人気ランキング10選のまとめ

ここまで車中泊でのポータブル電源について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?この記事のポイントは
  • ポータブル電源は、車中泊やキャンプなどのアウトドア活動で非常に便利な持ち運び可能な電力供給装置です。
  • ポータブル電源は、IHコンロや電子レンジ、電気ケトル、小型エアコン、扇風機、ヒーター、電気毛布、スマートフォンの充電など、多岐にわたる機器の電源として活躍します。
  • キャンプを快適に楽しみたい人、災害時の備えをしたい人、頻繁に車中泊を行う人におすすめです。
  • ポーポータブル電源は、コンパクトなサイズやソーラーパネルでの充電が可能なこと、スマートフォンなどの充電場所に困らない点など、多くの利点があります。
  • 安い海外製品のリスク、充電の必要性、店頭での品薄問題などがデメリットです。これらの点に注意して、信頼性の高い製品を選び、適切に準備することが重要です。
  • 多様な給電方法、十分な容量と出力、安全性の高いリン酸鉄リチウムバッテリー、持ち運びやすさを重視して選びましょう。
ポータブル電源は、車中泊やキャンプをより快適で便利なものにしてくれる素晴らしいアイテムです。この記事を参考にして、何に使うか、自分に合ったポータブル電源を見つけ、アウトドアでの体験をさらに充実させましょう。これからのアウトドアライフを、ポータブル電源とともにより快適に楽しんでください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事が皆さんのアウトドアライフの参考になれば幸いです。今後も新しい情報や役立つ知識をお届けしてまいりますので、ぜひご期待ください。
×